婦人科で使われるお薬について

高プロラクチン血症治療剤
よく使われる表現…「排卵を促す薬」

プロラクチンが高くなると排卵がうまくいかず、排卵しても高温期が短くなり黄体機能不全になることがあります。

薬を服用することでプロラクチンは低下し、排卵がスムーズに、また、黄体機能不全などのホルモンのバランス異常も改善されます。薬の使用開始頃には頭痛や吐き気・ムカムカなどの不快症状が出る場合がありますが、ほとんどの人がしばらく服用し続けることで不快感も感じなくなります。

【製品名】 テルロン (日本シエーリング)  剤形(錠)

一般名テルグリド錠
識別コード(包装)TL0.5:0.5mg(本体)@:0.5

【禁忌】:(以下に該当する方は、使用してはいけません)

  1. 麦角製剤に対し過敏症の既往歴のある患者
  2. 妊娠中毒症の患者
    [産褥期に痙攣、脳血管障害、心臓発作、高血圧が発現するリスクが高い]
  3. 産褥期高血圧の患者

【副作用】

ときに血圧が下がることがありますから、服用中は危険な作業や車の運転は避けましょう。ほかに血圧を下げる薬を飲んでいる場合は、そのことを医師に伝えましょう。むかつき、食欲不振、便秘、下痢、胸やけなどの胃腸症状や、頭痛、めまい、動悸、ねむ気などを覚えることがあります。またお酒を飲んでいると、作用が強まることがあるので、服用中の飲酒は控えましょう。

【注意】

  1. 高プロラクチン血性排卵障害で本剤を服用中に妊娠が確認された場合は、直ちに服用を中止する必要があります。
  2. 本剤を服用中にアルコールを飲用すると、相互に作用を増強し、胃腸系の副作用やアルコール不耐性を起こす恐れがあります。飲酒は避けるようにしましょう。
上へ

【製品名】 アップノールB (高田)  剤形(錠)

一般名メシル酸ブロモクリプチン錠
識別コード(包装)@2.5@:U2.5 @2.5@(本体)U2.5

【禁忌】:(以下に該当する方は、使用してはいけません)

  1. 本剤又は麦角アルカロイドに対し過敏症の既往歴のある患者
  2. 妊娠中毒症の患者
    [産褥期における痙攣、脳血管障害、心臓発作、高血圧が発現するリスクが高い]
  3. 産褥期高血圧の患者

【副作用】

発疹、ショックなどの過敏症状、吐き気、便秘、食欲不振、めまい、立ちくらみ、急激な血圧低下や起立性低血圧、顔のほてりなどが起こることがあります。また、まれにけいれんや心臓発作、胸膜炎、心膜炎などの報告もあります。まれに妄想、突発性睡眠、意識障害、筋硬直、発熱などを伴う悪性症候群の報告があります。

【注意】

  1. 著しい血圧下降、前兆のない突発的睡眠、傾眠が現れることがあるので、服用中は危険な作業や車の運転は避けましょう。
  2. 本剤を服用中にアルコールを飲用すると、相互に作用を増強し、胃腸系の副作用やアルコール不耐性を起こす恐れがあります。飲酒は避けるようにしましょう。
成分一致薬品
エレナント (ヘキサル)
識別コード(包装)ET249:2.5mg(本体)@
コーパデル (共和薬品)
識別コード(包装)KW186(本体)KW186
デパロ (東和薬品)
識別コード(包装)Tw.DR 2.5mg:2.5mg(本体)Tw DR
パーロデル (ノバルティス)
識別コード(包装)XC(本体)@:X C
パーロミン (ダイト)
識別コード(包装)DK025:DK025 2.5mg(本体)DK 025
パドパリン (寿)
識別コード(包装)PP 2.5mg(本体)PP
パルキゾン (メディサ)
識別コード(包装)MED・PK 2.5mg:2.5mg(本体)MED PK
パロラクチン (富士製薬)
識別コード(包装)FJ B25:2.5mg(本体)B 25
プロスペリン (沢井)
識別コード(包装)SW-361 2.5mg:2.5mg(本体)SW361
メーレーン (辰巳)
識別コード(包装)Tu ML-025:Tu ML-025 2.5mg(本体)Tu ML:025
メシル酸ブロモクリプチン (小林薬学)
識別コード(包装)@311(本体)@311