妊娠性歯肉炎について

妊娠すると歯肉炎に罹りやすくなるといわれています。

これは、

○ 妊娠すると、女性ホルモンの分泌量に増加がみられます。
  特にエストロゲンは特定の歯周病原細菌の増殖を促すことがわかっています。

○ 妊娠中は唾液の分泌量が減るために、自浄作用が弱まり、口中が不衛生になりやすい。

などの要因により、歯周病原因菌が繁殖しやすくなります。

また、妊娠中期になると、一度に食べられる量が減ってしまうために空腹を感じることが増え、
間食の回数が多くなりがちです。
その都度、歯磨きを…とはなかなかいかないのが現実のようで、これも口中の衛生環境を悪化
させてしまう一因となります。

歯周病と、低体重児および早産の関連性

歯周病というと「口の中だけの病気」と思いがちですが、全身にもさまざまな悪影響を及ぼすことがわかってきました。
なかでも妊婦が歯周病に罹患している場合、低体重児および早産のリスクが高くなることが指摘されています。

※口中の歯周病細菌が胎盤を通して胎児に直接感染するのではないか。と考えられています。

歯周病の妊婦は、そうでない妊婦よりも約5倍も早産になりやすい。との報告もあります。

予防を心がけましょう。

歯垢がない清潔な口中では起こりません。また、起こったとしても軽度ですみますので、プラークコントロールをしっかり行いましょう。

前のページに戻る
ウィンドウを閉じる