女性ホルモンの関係する症状

月経前症候群(PMS)

生理前にイライラして感情をコントロールできなくなり、家族や周囲との関係を悪化させてしまったり、頭痛・腹痛・腰痛など身体的症状で生活に支障が出るなどの月経前症候群(PMS)に悩まされている女性が近年増えています。

生理前は、約70%の女性が程度の違いこそあれ心や体の不調を感じるので、そのこと自体は自然な事で心配はありません。
ただ、その症状が強くて家事や仕事に影響がでてしまうほどだとPMS(月経前症候群)といいます。原因はまだはっきり解っていませんが、プロゲステロンの分泌量が増える頃から不調を訴える方が多いので、急激なホルモンバランスの変化が原因の1つと考えられています。

また、几帳面な人やガマン強い人がなりやすいので、ストレスの影響がかなり強い事がわかっています。

対処法は…
1. 月経周期の把握
2. バランスの良い食事
3. ストレスの発散
4. 軽い運動

…と言われています。