女性ホルモンの関係する症状

若年性更年期

近頃では女性を取り巻く環境が厳しくなってきて、20歳代や30歳代といった年齢層に「更年期障害」と同じような症状を訴える女性が増えてきています。
主な症状は、生理不順や無月経といった月経のトラブルをはじめ、ほてり・発汗・手足の冷えやいらいら・不安・落ち込みなどの精神的な不調もあります。
若年性の場合は、卵巣機能の低下による女性ホルモンの減少ではなく、女性ホルモンのコントロールをしている「脳下垂体」がストレスなどの影響を受けて自律神経の働きも混乱し、ホルモンのバランスも崩れて「不定愁訴」と言われる様々な症状が起こります。

働いている人は、毎日の通勤や職場の人間関係・仕事への責任感など…ストレスの原因が増えています。
女性の社会進出が進むにつれて男性と同等の仕事量を求められることも多くなり、残業や休日出勤といった肉体的なストレスも重なることで若年性更年期の症状を引きおこす原因となっています。

過剰なストレスの他にも…
乱れた生活習慣(食生活、過激なダイエット、喫煙など)も若年性更年期の症状をおこす原因と考えられています。
生活習慣の影響による若年性更年期の場合は、日々の生活の改善で症状が緩和されたり予防できる可能性が高いので、それらの根本的な原因を改善する努力が必要になります。