ホルモンのバランスと女性のからだ

ホルモンって?

体の中でつくられる「ほんの少しの量」でからだ全体の調子を整えたり、大切な生命活動を維持したりするものです。

女性ホルモンのはなし

からだの中ではいろいろなホルモンがつくられますが、女性のからだに一番かかわりのあるのは、やはり『女性ホルモン』です。幼稚園ぐらいまでは男子とあまり変わらない体型でも、だんだんバストが大きくなって、からだもふっくら丸みをもち、やがて月経を迎えた時には、男性とは全く違うホルモンのバランスやリズムが出来上がってきた事を実感したのではないでしょうか?このホルモンのバランスやリズムが、女性にとってはとても大切なのです。

ホルモンのバランス

ホルモンのバランスが崩れるとどういうことが起こるのでしょうか。女性ホルモンは女性の「ふっくら丸みを帯びた体型づくり」や「肌や髪を美しく保つ」という外観にも関係しますが、生理や妊娠・自律神経の安定や骨を丈夫に保つなど、目に見えないところでも女性ホルモンははたらいています。これらのすべてが女性ホルモンのはたらきによって維持されていることを思うと、女性のからだにとって女性ホルモンがどれだけ大切であるかということがわかると思います。

普段健康だと「ホルモンのバランス」などあまり気になりませんが『更年期』と言う言葉を聞いた事はありませんか。この更年期とは、加齢による卵巣の機能低下によって女性ホルモンの分泌が急激に減少し、女性ホルモンの減少がホルモンバランスや自律神経にも大きく影響して、「心」と「からだ」に不快な症状を起こすことです。

上へ

ホルモンのコントロール

ホルモンは、「ほんの少しの量」でからだ全体の調子を整えたり、大切な生命活動を維持したりするものです。からだの内側の変化や外の生活環境の変化に合わせて、内分泌腺といわれる特定のホルモンをつくり出す臓器から、その変化に対応するのに必要な量が分泌されます。そして脳の「視床下部」が血液中のホルモンの量をチェックしてホルモンの分泌量を調節しています。つまり「視床下部」が体中のホルモンをコントロールしている「司令塔」というわけです。

ホルモン・コントロール説明図

しかし、「視床下部」は非常にデリケートで、栄養状態・環境変化・精神的影響・ストレスによる影響を受けやすい場所です。
卵巣機能が衰えていない若い人でもホルモンのバランスを崩す事が多くなって来たのは、最近の女性を取り巻く環境がだんだん厳しくなってきて「視床下部」が様々な影響を受け、正しい指令が出せなくなるためだと考えられています。

上へ

どうしたらいいの?

自分で努力できる部分は努力して乗り越えられればそれでラッキーですが、つらい症状が続いて生活に大きな支障があるときには、婦人科や更年期外来などの専門の治療が必要になります。

ホルモンのバランスを崩す原因として、卵巣機能の衰え以外のよく言われるものは次の5つです。

  1. ストレス
  2. 無理なダイエット
  3. 不規則な生活
  4. 睡眠不足
  5. 栄養のかたより

この中で無理なダイエット以外は、あまり自分から進んでやる人はいないと思いますが、「若さにまかせて遊び回っている人」は十分改善の余地はありそうです。残りの4つの原因は、職場で働いている女性でも専業主婦の女性でも密接に絡み合っていて、別々に解決するのは難しいと思います。

  1. 通勤途中や家事の最中に自分の好きなミュージックを聴く。
  2. バスタイムはアロマを利用して思いっきりリラックスする。たまにはバスタブで温まる時だけ電気を消してみると、気分転換になる事があります。(真っ暗になると危険ですので、脱衣場の電気はつけておきましょう)
  3. 15分〜20分。昼に仮眠を取る。
  4. ラジオ体操などで普段と違う動きをする。
  5. できるだけ緑の多いところに出かけて森林浴をする。
  6. たまには思いっきりショッピングを楽しむ。
  7. 外食やインスタント食品が多い人・好き嫌いの多い人はサプリメントをうまく利用して栄養のバランスをとる。

人それぞれ生活環境が違います。大切なのは自分にあった対処方法で快適な毎日を取り戻すことです。毎日の生活の中の短い時間でもリラックスする工夫をして、今の生活を少しでもエンジョイする事を心がけましょう。